ダメダメ外注さんが急成長した!?コツを抑えたアドセンス記事の書き方!

目安時間:約 16分

こんにちわ^^

 

アフィリ塩田です。

 

外注さんの中には、めちゃくちゃ文章が下手な人もいます。

 

「まじかよ・・・。この記事は使えないわ・・・。

 

って、思っていた人がまさかの急成長を遂げました!

ダメなアドセンス記事の書き方ってなに!?

アフィ太郎くん
おっ!機嫌よさそうだね!いいことあった?

アフィリ塩田
ダメダメで契約打ち切りを考えていた外注さんがまさかの急成長をしたのです。

アフィ太郎くん
へぇ~!そんなこともあるんだね!?なんかしたの?

アフィリ塩田
まぁ、結構色々と・・・。

 

これは参考書?というような記事

 

これはアドセンスに限定した話ではありませんが、

まさにダメダメな文章というのが、参考書のような記事。

記事の表現もめちゃくちゃ固いんです。

 

そういう文書が好きな人も中にはいるかもしれませんが、

大半の人は苦手ですよ。

 

多分冒頭文を見ただけで、

 

「つまらなそう・・・。」

 

と、判断して離脱していっちゃいますからね。

 

記事の書き方は、

 

「仲のいい上司や先輩に語りかける」

 

ような書き方が一番読みやすいですよ!

 

 

いきなり目的からずれている記事

 

例えば、

 

「紅葉狩り 何する」

 

というキーワードの場合はどういう読者さんか大体わかりますよね?

 

「紅葉狩りに興味あるけど何するのかわからない人」

 

って感じですよね。

じゃあ、記事タイトルとしては、

 

「紅葉狩りって何するの?覚えておきたい楽しみ方10選!」

 

というようなタイトルで、中見出しの内容は、

 

・紅葉狩りは何して楽しむ?

・いつから紅葉狩りできる?

・持っていくものは?

・恰好はどんな服装がいい?

 

っという具合になると思います。

 

で、タイトルで

 

「何するの?」とか「楽しみ方10選!」

 

っと入れているので、最初の見出しで、

紅葉狩りの楽しみ方についての記事を書きましょうね。

 

後に回してもそこまで読まれませんので・・・。

 

メインの話題を最後に持っていく人はめちゃくちゃ多いですけど

それだと離脱されちゃいますからね。

 

読者さん目線は忘れちゃいけませんよ~!

 

 

無駄に歴史や由来が長すぎる

 

キーワードが「○○ 由来」とか「○○ 歴史」

なら別にいいのですが、それ以外での話です。

 

先ほどのキーワードを例にすると、

紅葉の由来とか歴史を記事に入れる場合ですね。

 

これを300~400文字近く書かれても

興味ないですよね?

 

かる~く、

 

「万葉集にも書いてあるくらい歴史があるんですよ~」

 

っという感じで触れるならいいとは思いますが、

 

「紅葉狩りの歴史はさかのぼること7世紀から8世紀の~~」

 

みたいな文章を長々と書いてあっても読まないですよね?

しかも、それが最初の見出しに書かれていたら・・・。

私ならその記事は絶対に読みません(笑)

 

 

アドセンス記事の書き方はこれが基本形

アフィ太郎くん
言われてみれば、そういう記事は意識せずに離脱してたかも・・・。

アフィリ塩田
このサイトは自分の情報がない!っと思われたらアウトですよ。

アフィ太郎くん
そういえば、アドセンス記事の書き方ってあるの?

アフィリ塩田
みなさんが基本としている形はありますね!

これがアドセンス記事の基本形!

 

これが絶対ではないですが、この形が私のおすすめです!

 

 

 

記事タイトル

 

これはもうお分かりのように、検索で表示される部分です。

読者さんが検索してきたときに、まず1番目に読む部分なので、

しっかり考えましょうね!

 

キーワードをしっかり盛り込みながらも、読みたくなるタイトル。

そんなタイトルが理想的ですよ!

 

あとは先日お話ししたこのテクニックも非常に効果的です。

あまりやりすぎるのもよくありませんが、きちんと使い分けてくださいね!

 

 

冒頭文

 

実は冒頭文が記事の中ではもっとも重要な役割を果たしています。

 

なぜなら、

この部分だけで、その記事を読むか読まないか判断する人が多いからです。

 

冒頭文はタイトルを見て流れてきた読者に、

 

「ここにあなたの欲しい情報がありますよ~!」

「この記事を読めばわかりますよ~!」

 

っということを伝えてあげてください。

なおかつ、冒頭文は最大でも200文字以内に収めるのがベスト!

100文字くらいでサラっと仕上げるのがいいですね。

 

あまりだらだらと前置きが長いのも離脱されちゃいますから・・・。

 

 

画像

 

画像は関連したものを必ず入れましょう。

無料の素材で十分なので、著作権違反にならないものを、

用意するようにしてください。

 

ちなみに、画像はオリジナルのもの程、反応は良くなります。

 

例えば、

 

紅葉狩りの記事だったら、素材として持ってきたプロ級の画像よりも、

自分のスマホで撮ったような素人感満載の画像の方が反応は高くなりやすいです。

 

なかなか自分で用意するのが難しいときは、

外注さんにお願いするのもありですよ!

 

 

見出し

 

本文を区切る役割をする見出しですが、

当然入れたほうが読みやすくなります。

 

この段落で何の話をしているのか?

 

ってことが分かれば、読者さんも頭に入ってきやすいんですよ。

 

 

・紅葉狩りは何して楽しむ?

・いつから紅葉狩りできる?

・持っていくものは?

・恰好はどんな服装がいい?

 

 

先ほどの例で言えばこれが見出しになるわけですが、

見出しなしで文章を繋げていったら・・・。

 

いまいち流れがよくわからなくなっちゃいますよね?

メリハリをつけるためにも見出しは必須ですよ!

 

 

それとSEOの効果も期待できます。

 

 

見出しの言葉はキーワードとして検索エンジンに評価されるため、

きちんとキーワードを意識して見出しをつけるのも有効です。

 

ただ、

 

キーワードを意識しすぎるあまり、

見出しがよくわからない表現になるのだけは避けましょう。

 

 

まとめ

 

一番最後の締めの部分ですね。

でも、締めだからといって長々と書く必要はありません。

ここも冒頭文と同じような感じで大丈夫です。

 

自分の記事を読んだ読者さんに、行動を促すような締め方でもいいですし、

ちょっとした自分の感想をいれてもいいですし、自由に締めてください。

 

例文:

 

いかがでしたか?

これから紅葉狩りの準備するなら

参考になったのではないでしょうか?

 

紅葉狩りシーズン真っ盛り!

お友達や家族を誘って、ぜひ紅葉狩りを楽しんでくださいね!

 

 

という具合にあたり障りなく締めればOKです。

 

 

ダメダメな外注さんに記事の書き方を伝授!

アフィ太郎くん
なるほどね!確かに読みやすい形だよね!

アフィリ塩田
いろんなアドセンスブログがありますが、基本形はほとんどこの形ですね!

アフィ太郎くん
ところで、ダメダメな外注さんをどうやって教えたの?

アフィリ塩田
それは・・・

 

この記事に書いてあることを教えただけ!

 

外注さんにはマニュアルを渡していますので、

普通にできる人は多いのですが、このダメダメ外注さんは、

まったくいい記事があがってこない状況でした。

 

そこで契約終了にするのは簡単なのですが、

やる気だけはめちゃくちゃある人なので、

ちょっときつめに色々と指導することしたんです。

 

 

最初のダメ事例は全て該当していたので、

記事に赤ペン先生をして送り返したりしました。

 

普通なら、ここまでされたら外注さんの方からやめますよ・・・。

超激安で書いてるのに、ガンガン怒られるんですから・・・。

 

 

それでも、続けているので、

 

「すごいなぁ~。やる気あるなぁ~。」

 

と思っていたら、つい最近上がってきた記事が見事すぎて、

別人が書いたかと思うくらいの出来上がりに!

 

外注さんいわく、

 

 

難しく考えすぎていたけど、自分だったら何が知りたいのか?

どういう記事が読みやすいのか?ということを、

よく考えて記事にしてみました。

 

 

とのこと。

意識するだけで、ここまで変わるんですね・・・。

しかも、いろいろと教えたことにお礼までされました・・・。

 

普通はここまでやったら、やめていっちゃうので、

外注さんには優しく接しましょうね(笑)

 

 

まとめ

アフィ太郎くん
すごい人だね・・・!

アフィリ塩田
私もびっくりしましたよ!でも、これで優秀な外注さんがさらに増えました。

 

記事の書き方に悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

 

アドセンスは記事をきちんと書き続けて、キーワードを意識すれば、

間違いなくアクセスは上がってきますからね!

 

ただ、

 

読者さんが読みやすいような記事にしてあげましょうね。

意識をすれば必ずできるはずですからね!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. とっしぃ より:

    こんにちわ!
    記事の外注さんの成長はうれしいですよね!
    それにしても、読まれやすい文章の構成
    すごくためになりました!
    読者さんに目線で読みやすい記事を作っていきます
    ありがとうございました

  2. 河原みれ より:

    こんにちは
    勉強になりました。
    意識してるつもりでも、読みやすさが自分基準になってしまいます。
    アフリ以外でも、人に飽きさせずに何かを伝えたい!って時に参考になりそうです。
    ありがとうございました。

  3. 青葉 より:

    こんばんわ!
    やばい!今日の記事めちゃおもしろかったです!
    自分のアドセンスブログにも
    活かせそうだし・・
    これから外注化したときに
    この記事に書いてある事を
    参考にしたいと思います!
    最近本当にこのブログ読むの
    楽しみですよ~
    応援ぽち完了です!

    • アフィリ塩田 より:

      青葉さん

      ありがとうございます^^
      クビ寸前の外注さんが急成長するので、
      ものすごくびっくりしましたよ(笑)

      でも、これで、教えればなんとかなると確信しました!
      やる気が無い人は、なんともならないですが・・・。
      また遊びにきてくださいね^^

  4. ヨッシー より:

    こんにちは!

    ダメダメさんをどうやって改善させたのかとても興味が湧きました。

    型にはめて書くことも大切ですが、読み手の視点に立つということがもっと大切なんですね!

    読んでもらう文章を書くときに心がけたいです。

    参考になりました。ありがとうございます。

    • アフィリ塩田 より:

      ヨッシーさん

      コメントありがとうございます。
      お役に立てたみたいでよかったです^^

      また見に来てくださいね^^

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

人気ブログランキング
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:アフィリ塩田

知識無し・技術無し・お金無しの状態からインターネットビジネスに興味を持ち、あるひとつの教材に出会ったことで劇的に人生が変わる。

⇒詳しいプロフィールはこちら

限定公開セミナー動画
人気の投稿とページ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ